人生にはさまざまな場面で、お金が必要になることがあります。

 

「どうにかして今日中にお金を工面して払わないといけない」

 

「給料日までの数日間の生活費が少し足りない」

 

友達付き合いやデート代、買い物、納税、学費、借金の返済・・・。

 

お金が必要になる理由や状況は、1人ひとり違うでしょう。

 

そういった時、「お金を借りる」選択をすることは決して間違いではありません。

 

このサイトでは、お金を借りる時に重要なポイントと、アナタの目的に応じた失敗しないお金の借り方を詳しく解説しています。

 

お金を借りる方法はたくさんありますが、1番損をしない賢い借り方を見つけてください。

 

このページの目次

即日低金利・無利息でバレずにお金を借りるにはどこがオススメ?

「お金を借りる」と言っても、どこで借りるのがいいのか迷う人も多いのではないでしょうか。

 

テレビCMでよく見かける金融会社で借りますか?

 

インターネット広告で見つけたところに決めてしまいますか?

 

どこでお金を借りるか悩んでいるなら、アナタがお金を借りる時に最優先したい条件を考えてみてください。

 

例えば条件として下の5つが挙げられます。

 

  • 今日中にお金を借りたい
  • 誰にもバレたくない
  • 少額でいい
  • 金利が低いところで借りたい
  • 女性スタッフに対応してもらいたい

 

では、それぞれのニーズに応じたお金の借り方を紹介していきましょう。

 

どうしても今日中にお金を借りたい人にオススメの消費者金融3社

 

「今日中になんとかお金が必要なんだけど・・・」

 

「土日にお金がいるのに給料日が休み明け!」

 

そういった理由でお金を借りる人は多くいます。

 

お金を借りるためには、必要な情報を伝えて審査をされるから今日中には借りられないと諦めてしまっている人もいるかもしれません。

 

しかし消費者金融のカードローンだと、下のイラストのように最短即日でお金を借りることが可能です。

 

消費者金融とは

 

借りる人の信用を担保に、お金を貸してくれる金融機関の1つ。

 

消費者金融は「貸金業法」の元、融資を行っているため安心して利用できる。

 

その他、融資を行っている金融機関との大きな違いは、「お金を借りるまでにかかる時間がとても早い」という点。

 

消費者金融の中でも下表3社は、最短30分・土日や祝日でも融資審査をしてくれて、早ければ即日お金を借りることができます。

 

最短審査時間 平日の審査受付 土日祝の審査受付
プロミス 30分 9:00〜21:00 9:00〜21:00
アコム 30分 9:00〜21:00 9:00〜21:00
アイフル 30分 9:00〜21:00 9:00〜21:00
レイクALSA 30分 8:10〜21:00 8:10〜18:00
SMBCモビット 30分 9:00〜21:00 9:00〜21:00

 

申込から審査結果の連絡、お金を借りるまでの所要時間も考え早めに申し込むことが重要。

 

審査に通過すると、21:00以降でも振込などの方法により融資が実行されます。

 

※振込先金融機関により、審査通過から振込までのタイミングが異なります。あらかじめ各ローン会社に確認しておくと安心でしょう。
※申込時に勤務先が休みだと、在籍確認が取れず審査が中断されます。土日にお金が必要な場合、金曜日の営業時間内に申し込むと確実です。

 

ただし24時間対応のインターネット申込については、審査受付時間外だと翌営業日以降の審査になるため注意しましょう。

 

誰にもバレずに内緒でお金を借りるならWEBで契約できるカードローン

 

お金を借りるって、できれば誰にも知られたくはナイものです。

 

「カードローンに申し込んでも家族にバレないかな」

 

「審査の時、会社にデンワで在籍確認されてバレたらどうしよう」

 

家族や会社に借金のことがバレるとしたら次のような場面。

 

  • 送られてくる郵便物

    ローンカード・契約書・利用明細が送られる

  • 会社への在籍確認

    まちがいなく就業しているか確認される

  • 家族や知人にローンカードを見られる

    サイフの中を勝手に見られるケース

 

現在は多くのカードローン会社が利用者専用Webページを設けているため、利用明細書が送られてくるケースはほぼありません。

 

周囲にバレないようにするためには、以下のことに気をつけましょう。

 

  • 郵便物
    • Webで全て完結するカードローンに申し込む
    • 利用明細などはインターネットで確認するよう手続きをする
    • 契約書などが送られてくる場合は、家族に中身を見られないよう注意する
  • 会社への在籍確認
    • 在籍確認ナシで融資可能なカードローンに申し込む
    • 前もって「知人から連絡がある」と伝えておく
    • クレカやカーローン審査の在籍確認があると伝えておく
  • ローンカード
    • カードなしでお金を借りる

 

では、上記の方法でなるべく家族や会社・知人にバレるリスクが少ない、お金の借り方を紹介します。

 

在籍確認なし!WEBで申込から融資までできるSMBCモビット

 

カードローンを申し込む時、周りにバレないか1番不安になるのが在籍確認ではないでしょうか。

 

取引先とのやり取りが多い職種であれば、名指しでデンワがあっても不思議ではありません。

 

しかし事務職や派遣先に、「◯◯さんは、そちらにいますか?」とデンワがあれば、同僚や上司も違和感を感じるかも・・・。

 

「在籍確認でお金を借りることがバレたらどうしよう」、といった不安を持っている人にオススメなのが、在籍確認なしでもお金を借りることが可能な「SMBCモビット」のWEB完結申込です。

 

SMBCモビットのWEB完結で申し込むには、次の2つ条件を満たしていなければなりません。
参照)SMBCモビット WEB完結申込https://www.mobit.ne.jp/index.html

 

  • 指定銀行口座を持っている

    三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれか

  • 社会保険証もしくは組合保険証がある

 

この2つがないとWeb完結では申込ができないため、通常の申込として扱われ在籍確認と契約書類等の送付が必要になってしまいます。

 

もし、SMBCモビットのWeb完結申込ができないなら、次に紹介するプロミスの「アプリローン」もオススメです。

 

カードも郵便物もなしで最短即日でお金を借りるならプロミスのアプリローン

 

アプリローンとは

 

急にお金が必要な時に、スマホ1つで申込から借入までを完結することができる、プロミスのサービス。

 

スマホに無料アプリをダウンロードし、WEB完結で契約可能。

 

セブン銀行のスマホATMで、24時間いつでもカードがなくてもお金を借りることができる。

 

自宅への郵送物もないため、周囲にバレる心配が少ない。

 

参照)プロミス アプリローンhttps://cyber.promise.co.jp/Pcmain/APA00Control/APA00027

 

その他プロミスのアプリローンのメリットは次の通り。

 

  • プロミスをはじめて利用する人は30日間無利息
  • 振込キャッシング利用で、アプリから三井住友VISAプリペイドへのチャージすると ネットショッピングもできる
  • アプリ限定クーポンも使える
  • 返済もアプリを使ってセブン銀行ATMでできる

 

プロミスのアプリローンの場合、審査時に勤務先への在籍確認が行われます。

 

しかし、できるだけ早くカンタンにお金を借りることができ、なるべく家族や知人にバレない方法という意味でメリットが大きいと言えるでしょう。

 

すぐ返す予定なら無利息期間がある消費者金融でお金を借りる

 

給料日までの生活費や、大切なイベント・デート等・・・。

 

すぐに返せるけど「今回だけ」・「今だけ」・「少しだけ」お金を借りたい人は、無利息期間がある消費者金融を利用しましょう。

 

お金を借りると、金額と借りている期間に対し、一定の割合で発生するのが利息です。

 

返済する際、その発生した利息を上乗せして返すことになります。

 

カードローンでお金を借りると、1日単位で利息が増えていくのですが、無利息期間がある消費者金融を利用すると、支払う利息を抑えることが可能。

 

仮に無利息期間中に全て返せなくても、残金に通常の利息がかかるだけです。

 

無利息サービスをおこなっていないカードローン会社から借りるより、間違いなく支払う利息は少なく済むでしょう。

 

各社の無利息サービスについて次にまとめました。

 

アイフルの無利息期間サービスの特徴

 

  • 無利息期間
    • 契約の翌日から30日間
  • 適用条件
    • アイフルを初めて利用する人
    • 無担保のキャッシングローンを利用する場合
    • 事業サポートプラン・おまとめMAXなど他商品は対象外
  • 無利息期間終了後の利率
    • 年率4.5〜18.0%

 

注意点として、契約の翌日から30日間を無利息期間としているので、お金を借りた日から30日間ではないことを覚えておきましょう。

 

参照)アイフル「30日間利息0円サービス」https://www.aiful.co.jp/page.jsp?id=5129

 

プロミスの無利息期間サービスの特徴

 

  • 無利息期間
    • 初回借入の翌日から30日間
  • 適用条件
    • プロミスでの契約がはじめて
    • メールアドレスと登録し、Web明細を利用する場合
  • 無利息期間終了後の利率
    • 年率4.5〜17.8%

 

アイフル・アコムと違い、契約後はじめて借入をした翌日から30日間利息が0円なのが、最大の特徴です。

 

今すぐお金を借りるわけではない人は、プロミスで借入するのもいいですね。

 

参照)プロミス「30日間無利息サービス」https://cyber.promise.co.jp/APE00129.html

 

レイクALSAの無利息期間サービスの特徴

 

レイクALSAを初めて利用する人の場合、2つの無利息サービスを選択することができます。
※2つのサービスを併用することはできません。

 

  • 無利息期間
    • 契約の翌日から180日間
  • 適用条件
    • レイクALSAの利用がはじめて
    • 契約額1〜200万円までの契約
    • 借入額のうち5万円までが無利息サービス対象
  • 無利息期間終了後の利率(5万円を超えた借入も対象)
    • 年率12.0〜18.0%

 

利息が0円になるのは、契約の翌日から。
さらに他社と比べても無利息期間が長いことが、レイクALSAの特徴です。

 

気をつけておきたいのは、無利息期間中であっても返済日があるということ。

 

ただし利息がかからないからといって、返済が滞った場合、無利息期間が終了し返済日の翌日以降から、遅延損害金と通常利息が発生します。

 

無利息期間の長さではダントツなので、5万円までの借入ならレイクALSAを選んでみては?

 

参照)レイクALSA「選べる2つの無利息」http://lakealsa.com/beginner/nointerest.asp

 

ノーローンの無利息期間の特徴

 

  • 無利息期間
    • 初回借入翌日から7日間
    • 完済日の翌月以降7日間
  • 適用条件
    • ノーローンを初めて利用する人
    • 完済日の翌月以降の初めて借入する人
  • 無利息期間終了後の利率
    • 年率4.9〜18.0%

 

利息0円の期間が他と比べ7日間と短いノーローン。

 

しかし、他社と違うのは「一旦完済すると、翌月以降にまた借りても7日間は無利息」になることです。

 

ノーローンの無利息サービスは1度きりではないので、収入の増減が激しい人にはありがたいですね。

 

無利息期間を利用して、損をせず賢く家計をやりくりしましょう。

 

参照)ノーローン「一週間無利息キャッシング」https://noloan.com/ad.php

 

低金利ローンでお金を借りるなら銀行カードローンがオススメ

 

ここまでは「早くお金を借りる」・「バレずにお金を借りる」「無利息サービスを利用してお金を借りる」といった特徴を持つ、消費者金融でお金を借りる場合のポイントを紹介してきました。

 

次に紹介するのは、安い金利でお金を借りることができる「銀行カードローン」です。

 

 

銀行カードローンとは

 

銀行が扱っている無担保ローン商品。

 

消費者金融との違いは審査に時間がかかり通りにくい反面、金利が低い。

 

普段利用しているメインバンクでカードローンを申し込むと、手持ちのキャッシュカードを利用して借入・返済できるのでとても便利。

 

まずは下の主な銀行カードローンの金利をご覧ください。

 

カードローン 金利(実質年率) 口座
楽天銀行スーパーローン 年1.9%〜年14.5% 不要
三菱UFJ銀行カードローン

「バンクイック」

年1.8%〜年14.6% 不要
イオン銀行カードローン 年3.8%〜年13.8% 不要
みずほ銀行カードローン 年2.0%〜年14.0% 必要
三井住友銀行カードローン 年4.0%〜年14.5% 不要
りそな銀行

りそなカードローン

年3.5%〜年12.475% 不要
ソニー銀行カードローン 年2.5%〜年13.8% 必要

 

※ソニー銀行・みずほ銀行は、申込み時に口座が必要
※他は口座を持っていなくても申込可

 

消費者金融も銀行カードローンも、お金を借りる際の金利は各社が設けている、金利幅の上限金利だと考えましょう。

 

そうすると上の表で1番金利の低いカードローンは、上限金利が12.475%のりそなカードローンということになります。

 

もっと低い金利で借りたいという人は、次の条件にあてはまると金利を下げてもらえるかもしれません。

 

  • 銀行口座を持っている
  • 給与振込などのメインバンク
  • 住宅ローン契約をしている

 

お金を借りる際、金利の低いで借入先を選ぶなら、普段メインバンクとして利用している銀行でカードローンを申し込むのも1つの方法でしょう。

 

条件をクリアすると1番金利が低いのは住信SBIネット銀行「MR.カードローン」

 

金利の低い銀行カードローンの中でも、特に低金利でお金を借りることができるのが、住信SBIネット銀行「MR.カードローン」です。

 

MR.カードローンの次の2種類の金利とコースがあります。

 

  • プレミアムコース
    • 基準金利(年)1.59〜7.99%
  • スタンダードコース
    • 基準金利(年)8.99〜14079% ※2019年5月2日現在

 

金利引き下げ条件として、以下の条件に当てはまっていれば、他でお金を借りるよりも低い金利で借りることができるかもしれません。

 

  • 条件1で年0.1%引下げ
    • ミライノカード(JCB)を保有し、住信SBIネット銀行を引落口座に設定
  • 条件2で年0.5%引下げ
    • SBI証券口座保有登録済または、住宅ローン残高がある
  • 条件1+2で年0.6%引下げ
    • 条件1と条件2両方を満たしている

 

審査結果や現在の収入によっては、プレミアムコースでは借りられない可能性もあります。

 

参照)住信SBIネット銀行「MR.カードローン」https://www.netbk.co.jp/contents/lineup/card-loan/

 

銀行以外にもJ.Scoreや三井住友カードゴールドローンは低金利で借入可能

 

消費者金融・銀行カードローン以外でも、金利が低く信頼できる金融機関があります。

 

その1つが「J.Score」。

 

J.Scoreは、みずほ銀行とソフトバンクが共同出資して作られた消費者金融サービスです。

 

J.Scoreの特徴を次にまとめました。

 

  • AIによって金利・利用限度額が決定される
  • 年利0.8〜12.0%
  • スマホ・PC申込で、最短即日融資が可能
  • ソフトバンク・みずほ銀行などの情報を紐づけするだけで、さらに好条件で借りられる

 

参照)J.Score https://www.jscore.co.jp/

 

他にも信販会社カードローンの、三井住友カードローン「ゴールドローン」があります。

 

こちらも年利3.5〜9.8%と、銀行カードローンに比べても低金利。

 

返済実績が長くなればなるほど、翌年度以降さらに利率が下がるため、長期利用する可能性がある人にオススメのカードローンです。

 

参照)三井住友カードローン「ゴールドローン」https://www.smbc-card.com/nyukai/loan/goldloan.jsp

 

女性スタッフが対応してくれるレディースローン

 

「インターネットやスマホで申し込める消費者金融は多いけど、分からないことをデンワで質問したい」

 

「でも男性スタッフに相談するのは・・・」

 

と、なかなか決心がつかず悩んでいる女性もいるのでは?

 

そういった人には、確実に女性スタッフが対応してくれるレディースローンが安心です。

 

大手消費者金融、プロミス・アイフルでは女性向けのローン商品を取り扱っています。

 

  金利 借入限度額

プロミス

レディースキャッシング

年4.5〜17.8% 1万円〜500万円
アイフルSuLaLI 年18.0% 10万円

 

どちらも女性スタッフが対応してくれます。

 

またアイフルSuLaLIでは、一見するとローンカードには見えないデザインカードになっていて、誰かに見られてしまっても消費者金融とバレる可能性も少ないでしょう。

初めてお金を借りるなら消費者金融か銀行カードローンどっちがいい?

 

消費者金融と銀行カードローンの違いや、優先する条件によって違うオススメのカードローンは分かりましたか?

 

紹介したカードローン以外にも、色んな特徴を持つローン商品はたくさんあります。

 

正直、たくさんありすぎて、どこで申し込めばイイのか悩んでしまうかもしれません。

 

  • 消費者金融
    • すぐに借りたい
    • プロミスのアプリローンでバレずに借りる
    • 無利息サービスを利用してすぐに返す
    • 女性専用ローンがある

  • 銀行カードローン
    • 長期返済になるなら低金利で借りる

 

上記のように、ニーズに合わせてお金を借りるなら、消費者金融で借りる方がメリットが多い人もいます。

 

アナタの目的に応じて計画的に利用しましょう。

カードローンで初めてお金を借りる時の流れやポイント

通常、スマホやPCを使用しWEB申込をする人がほとんどで、最短30分程度で審査結果が出て、当日中にお金を借りることができます。

 

ただし、銀行カードローンの一部では、審査結果が出るまでに数日かかることもあるため、申し込む際に確認が必要です。

 

では、申込から融資までの詳しい流れを解説していきます。

 

お金を借りる時の申込のポイント

 

カードローンの申込で重要なことは、アナタ自身についての情報入力でミスしないことです。

 

申込では主に以下の情報を伝えます。

 

  • 連絡先(電話番号・住所・勤務先電話番号など)
  • 仕事(業種・職種・勤続年数・年収など)
  • 住まい(持ち家・賃貸・家賃など)
  • 家族(家族構成)
  • 他社利用(借入金額・件数)
  • 希望額(金額と使いみちについて)

 

これらの情報によって、審査されお金をいくら借りられるかが決まります。

 

正確な情報でない場合、信用に欠ける人物と判断され希望通りの結果になりません。

 

確実に希望の金額を借りるためには、審査に必要な情報を間違いなく伝えるよう注意しましょう。

 

お金を借りるときに必要な書類

 

申込の際、本人確認・現住所に住んでいるかの確認・収入を証明するため、次の書類を提出しなければなりません。

 

  • 本人確認書類
    • 免許証
    • 免許証を持っていない人は「パスポート」または「健康保険証」+「住民票」
    • 外国籍の方は「在留カード」または「特別永住者証明書」
  • 本人確認書類とは別の住所の場合
    • 納税証明書
    • 社会保険料の領収書
    • 公共料金の領収書
    • 住民票の写し
  • 収入を証明する書類
    • 源泉徴収票
    • 確定申告書
    • 給与明細書

 

これらの書類は、申込する金融機関によって必要になる条件が異なります。

 

また提出方法について、Web上で写真をアップロードする方法などもあるため、必要書類・提出方法は申込先に確認してください。

 

お金を借りる時の審査のポイント

 

カードローンの申込が完了すると、審査にうつります。

 

審査とは

 

カードローンの場合、申込者の信用を担保にお金を借りる。

 

個人の支払能力や信用の担保価値を調査することを、「審査」と呼ぶ。

 

審査をすることによって、「この人に貸しても大丈夫かな?」「毎月いくらならムリなく返済できるかな?」、ということを判断されます。

 

支払能力を審査するためには次に挙げる情報が重要となるでしょう。

 

  • 毎月の収入
  • 勤続年数(長く働いている人=収入が安定していると判断)
  • 扶養する家族の有無・人数(申込者が使える自由に使える金額)
  • 他の借入(住宅ローン・クレカ利用残高などの支払状況)

 

申込の際、正確な情報と書類がそろっていれば、消費者金融の場合だと最短30分くらいで審査の結果が出ます。

 

審査のポイント

 

ローン会社は審査の際、必ずアナタの個人信用情報を見ています。

 

※信用情報とは、他社での借入や滞納の有無・申込件数(直近6ヶ月以内)、債務整理情報など。

 

審査に通るはずと考えていても、信用情報などを元に判断されていることを忘れずに!

 

特に6ヶ月以内に複数の申込履歴がある人は、他社の審査も通過しない人とみなされるケースが多くあります。

 

審査に通った後のお金の借り方(振込・ATMについて)

 

お金の借り方は、基本的に「振込」か「ATMからの引き出し」になるでしょう。

 

銀行口座に振込してもらう

自分名義の銀行口座を指定し、お金を振り込んでもらう。
大手消費者金融では、インターネットの会員メニューで振込手続きが可能。
ただし、振込先の銀行によって24時間の振込に対応しているか異なるので確認が必要。

 

プロミスの場合、ネットで融資の手続きをすると最短10秒で指定口座に振り込まれる「瞬フリ」というサービスも。

 

ATMからお金を引き出す
  • ローンカード

    銀行ATM・提携コンビニATMなどから、受け取ったローンカード で引き出しが可能。ATMによっては手数料がかかる場合がある。

  • スマホATM

    セブン銀行ATMで、カードの代わりにスマホアプリを利用して引き出す方法。24時間365日対応。

 

カードローン審査に落ちる人・お金を借りることができない理由

どんな人でもお金が必要になることはありますが、どんな人でもお金を借りられるのではありません。

 

次にあてはまる人は、審査に通りにくいためお金を借りられる可能性は低いと考えてください。

 

  • 安定した収入がない
  • 他社からの借入が多い
  • 未成年
  • 信用情報がブラック

 

借りることができない理由がある人は、どうしたらイイのかそれぞれにアドバイスしたいと思います。

 

安定した収入がない無職や専業主婦

 

「無職だとお金は借りられないのかな?」

 

「夫の収入があるなら専業主婦でも借りられるのかな?」

 

消費者金融各社では、「安定した収入のある人」が申込できる人の条件としています。

 

無職の人がお金を借りるのは難しいでしょう。

 

ただし配偶者に安定した収入があれば、専業主婦でも融資可能としている銀行カードローンも存在するようです。

 

例えばイオン銀行カードローンでは、申込条件に次の内容があります。

 

  • ご本人に安定かつ継続した収入の見込める方
  • パート・アルバイト・自営業者・専業主婦(夫)も申込可
  • 学生不可
  • 専業主婦で本人に収入がなく、配偶者に収入がある人の場合の限度額50万円まで

 

他にも「楽天銀行」や「ジャパンネット銀行」で専業主婦への融資をしているでの、利用者特典なども比較して利用するのもいいですね。

 

またお金を借りることを夫が同意している場合、配偶者貸付を利用すれば専業主婦でもお金を借りることができます。

 

配偶者貸付とは

 

配偶者の同意を得た上で、借入本人と配偶者の収入を合算し、その3分の1までの借入を可能のするもの。

 

総量規制の例外制度の1つで、申込には以下の書類が必要。

 

  • 配偶者の収入を証明する書類
  • 夫婦間の身分関係を証明する書類(住民票や戸籍抄本など)
  • 配偶者貸付を行うことについての配偶者同意書
  • 信用情報機関への情報提供についての配偶者同意書

 

借金が多い人(多重債務者)はお金を借りるのは難しい

 

先ほどカードローン審査について書きましたが、アナタの支払能力を見極めるため他社からの借入件数・金額はとても重要な審査のポイントです。

 

一般的に3社から借金ある人の場合、4社目の審査はとても厳しいと言われています。

 

こういったケースでは「まとめローン」で、借金を1社にまとめるのも有効です。

 

また総量規制により、借入総額が年収の3分の1を超える融資はできません。

 

総量規制とは

 

年収の3分の1以上の借入はできないとする制度。

 

※年収300万円の人に70万円の借金が合った場合、新たに借りることができる金額は30万円となる。

 

貸金業者(消費者金融・クレジットカード会社)からの借金が対象。

 

銀行カードローンからの借入は総量規制の対象外ですが、各銀行が自主規制を行っているため借金総額が多い人は、審査にも通りにくと考えられるでしょう。

 

20歳未満の未成年はお金を借りるのはムリ

 

20歳未満の未成年は、カードローンの契約をすることはできません。

 

たとえアルバイトなどで収入を得ていても、お金を借りることはできないでしょう。

 

たいていの金融機関では、「20歳以上」を融資条件としてます。

 

信用情報がブラックだと融資審査に落ちる

 

「ブラックリストにのっているからお金を借りられない」

 

とは、信用情報機関に事故情報が登録されているため、融資の審査に通らないという意味です。

 

信用情報機関とは

 

クレジットやローンなどの「信用取引」に関する契約内容や、返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を保管・管理している機関。

 

信用取引とは、個人を信用し期日までにお金を支払う約束をすること。
信用情報機関は信用取引情報を収集し、クレジットやローン契約の際に必要な情報を提供している。

 

アナタが融資の申込をすると、ローン会社はアナタの信用情報に事故情報がナイか以下の確認します。

 

  • 3ヶ月以上の延滞
  • 債務整理
  • クレジットカードの強制解約
  • 保証会社・保証人による代位弁済

 

この他にも、ココ最近の返済状況を見て、遅れがちであれば滞納者になる可能性があるとして、審査に通らないかもしれません。

 

これらの情報が登録されている間は、ブラックリストにのっている状態なので、情報が消えてから融資の申込をしましょう。

 

 

 

 

 

大手消費者金融や銀行カードローン以外でお金を借りる方法

お金を借りるなら、安心して希望通りの条件で借りたいと考えますよね。

 

そう考える人は、大手消費者金融や銀行カードローンで借りるのが一般的ではないでしょうか。

 

しかし人によっては、「金融会社から借りたくない」・「利息を払いたくない」・「複数社から借金があるけど何とかしてお金を借りたい」と、事情もさまざまあるでしょう。

 

ここでは、大手消費者金融や銀行カードローン以外からお金を借りる方法を紹介します。

 

アナタにとって、よりメリットの大きい方法でお金を借りましょう。

 

街金(中小消費者金融)からお金を借りる

 

街金とは、貸金業登録をしてキチンと法律に則り営業している消費者金融業者。

 

営業許可を得ずに融資を行う、ヤミ金とは全く別です。

 

アコム・プロミス・プロミスと同じ消費者金融業者ですが、3社に比べ規模の小さい業者を街金と表現しています。

 

すでに大手消費者金融から借金がある人、大手消費者金融から借りることができなかった人の利用が多い傾向にあるようです。

 

大手消費者金融との違いは、下表を見ても分かる通り金利がやや高めでということ。

 

街金業者 金利
キャッシング フタバ 14.959〜17.950%
セントラル 4.80〜18.00%
フクホー 7.30〜18.00%
アロー 15.00〜19.94%

 

また、即日振込みやコンビニATMに対応していない会社も多いため、借入・返済の際の利便性にも欠けています。

 

アナタにとってメリットがあるか十分に考慮した上で、利用するか決めましょう。

 

学生ローンでお金を借りる時の注意点

 

学生がお金を借りる場合、気になるのは次の3つ。

 

  • 未成年でも借りることができるか
  • バイトをしていないと借りられないのか
  • 親にバレずに借りたい

 

学生向けにお金を貸してくれる学生ローンは、高校生を除く満18歳以上の学生が利用できます。

 

つまり未成年でもお金を借りることは可能。

 

ただし、年収の3分の1を超える貸付を禁止する総量規制により、収入がない学生は学生ローンで借りることはできません。

 

中小消費者金融であることが多いですが、貸金業登録をして営業しているローン会社なら、親を含む第三者にバレるような行為はしないでしょう。

 

近ごろSNSなどで見かける「未成年でも審査なし・融資OK!」というのはヤミ金かもしれないので注意が必要です。

 

高校生以外の未成年だけどアルバイトで収入があるなら、学生ローンを検討してみてもいいでしょう。

 

クレカでキャッシングをしてお金を借りる

 

手元に現金がない時、クレジットカードのキャッシング機能を利用し、ATM等でカンタンにお金を借りられることをご存知ですか?

 

クレジットカードには、買い物に使える「ショッピング枠」と現金を借りられる「キャッシング枠」があります。

 

クレジットカードを申し込んだ際に、キャッシング機能を設定していれば、各社の指定する方法でお金を借りることが可能。

 

キャッシング枠を設けていない場合でも、カンタンな審査でキャッシング機能を追加することもできます。

 

クレカのキャッシング機能を利用する際は、次のことに注意しましょう。

 

  • 返済方法によっては支払利息が高くなる

    残高がなかなか減らないリボ払いの返済の場合、多めの返済を心がけることによって、支払利息を抑えることができる

  • カードの利用限度額に注意

    クレカの利用限度額を超える、ショッピング+キャッシングの利用はできない

 

保険会社の契約者貸付制度を利用してお金を借りる

 

どうしてもまとまったお金が必要になり、どのようにお金を工面するか迷っているアナタ。

 

加入している保険を解約すれば、解約返戻金を受け取すこともできますが、解約してしまうと保険による保障はなくなってしまいます。

 

しかも、保険への加入期間によっては、これまで払い込んでいた累計額より少ないかもしれません。

 

金融機関からお金を借りるか、保険を解約するかで迷っている人は「契約者貸付制度」を利用してみては?

 

契約者貸付制度とは

 

解約返戻金の一部を保険会社から借りる制度。

 

払い込んでいるお金は契約者のものだが、満期になるまでは保険会社のお金として扱われるため、保険会社からの借金とみなされる。

 

契約者貸付制度が利用できるのは、解約返戻金がある保険に限定されます。

 

カードローン等の借金と比べ、契約者貸付制度には次にようなメリットがあります。

 

  • 保険を解約しなくてもイイ
    • 保障がなくならない
  • 金利が低い
    • 保険会社によるが2〜5%前後
  • 返済計画を立てやすい
    • 借りたお金が解約返戻金より少なければ、返済方法は自由

 

契約者貸付制度の注意点として、利用できるのは解約返戻金の範囲内にとどまるということ。

 

借りたお金と利息が、解約返戻金を超えてしまうと、保険契約が失効または解約されることもあります。

 

あくまで、保障のために払い込んでいる保険金だということを忘れずに。

 

市役所や福祉事務所など公的機関からお金を借りる

 

「カードローンでお金を借りたくても返せるだけの収入がない」

 

「病気やケガで働くことができない」

 

「シングルマザーで子供を育てるのにお金が足りない」

 

お金が必要になる事情は、それぞれの環境によってもさまざま。

 

各自治体には、そういった事情を抱える家庭を経済的に支援してくれる制度があります。

 

公的機関による貸付なので、利率がとても低い反面、申込条件が厳しいため誰でも利用できるわけではありません。

 

次にカンタンに紹介しますので、アナタが融資対象であればぜひ利用してください。

 

母子父子寡婦福祉資金貸付金

 

母子家庭・父子家庭や寡婦の経済的自立を助けてくれ、生活の安定や子供の福祉のために、お金を借りる制度です。
※寡婦・・・夫を失った独身女性

 

借入の目的に応じて、貸付限度額・返済期間が設けられています。

 

母子父子寡婦福祉資金貸付金の特徴は以下のようなもの。

 

  • 金額は所得と扶養家族人数によって決定される
  • 保証人がいる場合は無利子
  • 保証人がいない場合でも年利1.5%

 

お金を借りるか迷っていて条件に該当する人は、住んでいる地域の各自治体に問い合わせてみてください。

 

生活福祉資金貸付制度

 

生活福祉資金貸付制度とは、次に該当する世帯を対象に経済的な自立、福祉向上を目的に各地域の社会福祉協議会がお金を貸してくれる制度です。

 

  • 低所得者世帯

    必要な資金を他から借りることができない世帯
    ※市町村民税非課税程度

  • 障害者世帯

    身体障害者手帳などの交付を受けた人がいる世帯

  • 高齢者世帯

    65歳以上の高齢者がいる世帯

 

先ほど紹介した母子父子寡婦福祉資金貸付金と同じく、連帯保証人を立てる場合は利息はつきません。

 

また連帯保証人がいない場合でも、年利1.5%でお金を借りることができます。

 

年金担保貸付

 

年金担保貸付とは、年金を担保としてお金を借りることができる制度です。

 

医療費・介護・冠婚葬祭・住宅修繕などのために、一時的に小口の資金が必要な人が利用できます。

 

年金担保貸付は、連帯保証人が必要。

 

ただし、年金担保貸付事業は令和4年3月末予定で申込みを終了します。

 

事業が終了しても、返済期間・返済方法に変更はありません。

 

家族・知人からお金を借りる

 

お金が必要になった時、まず思いつくのが「身内から借りる」ことではないでしょうか。

 

身内からの借金は消費者金融から借りるよりも軽く考えてしまいがち。

 

時間が経つうちに「返さなくてもイイかも」という気持ちになる人もいるでしょう。

 

また、少額だからと知人からお金を借りる人もいます。

 

「必ず返す」と意思表示のためにも、家族や知人であっても借用書など作成し、金銭トラブルに発展しないよう心がけましょう。

 

家族や知人からの借金は、今後の人間関係にも大きく影響します。

 

他に方法がない限り避けるべきお金の借り方とも言えるでしょう。

 

勤務先(会社)からお金を借りる

 

ほとんどの企業では「勤続5年以上・正社員」という条件で、従業員貸付制度(社内貸付制度)を設けています。

 

従業員貸付制度は、従業員がお金のトラブルを抱えることなく安心して働けるように、会社がお金を貸してくれる制度。

 

福利厚生の1つとして設けられているため、金利がとても低いことが最大のメリットです。

 

利率は各会社によって異なりますが、消費者金融や銀行カードローンよりも低いと思われます。

 

利用条件や返済方法がアナタの希望と合っていれば、こういった制度を利用するのもありですね。

 

 

どこでお金を借りるか分からない人は理由や目的で決める

ここまで消費者金融・銀行カードローン・街金その他、お金を借りる方法を紹介しました。

 

アナタは何のためにお金を借りることを検討していますか?

 

次にお金が必要になる理由や使いみちによって、どこから借りるのが最適なのかを考えていきましょう。

 

カードローンなら自由に生活費や旅行代・買い物に使える

 

「今月の生活費が少し足りない」

 

「旅行の計画をしたけどもう少しお金がほしい」

 

「どうしても買いたい商品があるが買えない」

 

こういった時に便利なのがカードローンです。

 

カードローンは利用目的が自由で、金額も利用限度額以内なら何度でも希望通りに使えます。
※事業資金には利用できない。

 

また、貸金業協会が平成30年に行ったアンケート調査によると、直近3年の間にお金を借りた人のおよそ半数が「趣味・娯楽(レジャー・旅行を含む)費」として、カードローンを利用しています。

 

さらに、お金を借りることで家計に変化はあったか?という質問に対しては、45.6%が「変化なし」・21.2%「改善した」と回答。
参照)日本貸金業協会 アンケート結果

 

カードローンは計画的に利用することで、生活を豊かにしてくれるものでもあるようです。

 

高い買い物(家・車・エステ・教育など)をするなら目的別ローン

 

なんのためにお金を使うか目的がハッキリしている場合、銀行で扱っている目的別ローンを利用すると低金利でお金を借りることが可能です。

 

目的別ローンには以下に紹介するような商品があります。

 

  • 住宅ローン

    住宅・土地などの購入費用

  • オートローン

    自動車やバイクの購入

  • 教育ローン

    進学・留学・授業料など

  • 医療ローン

    入院・手術などの医療費

  • デンタルローン

    インプラントなど保険外の歯科治療費

  • ブライダルローン

    結婚費用

 

住宅ローンの場合、年利は1%以下の銀行も多くあります。

 

また、その他の目的別ローンも年利10%以下が一般的です。

 

目的別ローンを利用する場合、目的によっては使いみちを確認するための資料の提出が必要になります。

 

カードローンに比べ自由に使えるわけではありません。

 

しかし銀行によっては、サーファー向けやカメラ購入・楽器購入にも、低金利の目的別ローン商品があります。

 

お金を借りる目的に応じて、損をしない借入ができるといいですね。

 

複数からの借金を1つにする目的で借りる「おまとめローン」

 

複数ある借金を1つにしたいという目的で借りることができるのが、おまとめローンという商品です。

 

おまとめローンの場合、融資額が高額になるため金利も低くなり、まとめる前よりも支払う利息が減るという特徴があります。

 

返済窓口が1つになり毎月の返済額も抑えられるので、借りる側の負担も軽減されるでしょう。

 

各金融機関では、借金を1本化するための商品を扱っています。

 

おまとめローン 年利

アコム
「借換え専用ローン」

7.7〜18.0%
※融資額100万円以上の場合7.7〜15%

プロミス
「おまとめローン」

6.3〜17.8%

東京スター銀行
「おまとめローン」

12.5%

 

他にもフリーローンとして、借金をまとめる目的で借りることができる銀行もあります。

 

おまとめローンの注意点は、借入金額が高額になるので審査が厳しいことでしょう。

 

そして、借金をまとめた後に、さらなる借金を増やさないようにすることが1番大切です。

 

事業資金としてお金を借りるならビジネスローン

 

お金が必要になった理由が仕事であれば、ビジネスローンが利用できます。

 

個人事業主や会社経営者を対象にしたローン商品で、借入のためには業績を証明するための書類が必要です。

 

中には次のようなカードローンタイプのものもあり、利便性にも富んでいます。

 

  • オリコ「個人事業主専用ローンカード CREST for Biz」
    • 年利6.0〜18.0%
    • 事業資金であれば使途自由
  • プロミス「自営者カード」
    • 年利6.3〜17.8%
    • 使途は生計費及び事業費に限る

 

ギャンブルや投資目的ではお金を借りるのは難しい

 

消費者金融や銀行、公的機関からお金を借りる際に、必ず「どういった目的でお金が必要なのですか?」と聞かれます。

 

カードローンは使いみち自由!としていますが、ギャンブルや投資目的の場合、融資は受けられないでしょう。

 

ギャンブルや投資のために、お金を借りる人は返済能力が低いとして審査に落ちます。

 

もし嘘をついてお金を借りることができても、確実に返済できるとは言い切れません。

 

一発当てて借金を全部返してやろう、という気持ちは捨て、借金をしてまでギャンブルをしたい状況はギャンブル依存症と考えられます。

 

ギャンブル依存症は病気です。

 

ギャンブルや投資のために、お金を借りるのではなく、まずは病気の治療から始めるべきでしょう。

TOPへ